上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ITSAの活動をしていると、いろいろな質問を受けますが、
一番多いのがこの質問です。

「プロになるには、どうしたらいいですか?」

私はエージェントの人間なので、内容に偏りはあるかもしれませんが、
いつも以下のようにお答えしています。

①まずは通訳・翻訳の勉強を始めること。
そしてそれを続けること。


②通訳者や翻訳者がどういうものであるのか、
実際に体験してみること。


③今、世の中で求められている通訳・翻訳の分野
を勉強すること。


※何が求められているかについてはこっこくと変化するものですし、
様々な意見があると思いますが、私は、今は、
「IT・ICT」、
「環境分野(温暖化・生物多様性)」、
「IR」

だと思います。
「製薬・バイオ」、
「法律・特許」

などは専門性が非常に高いので、勉強としては次の段階に来るものではないでしょうか。

④出来る限り多くの通訳者や翻訳者、
エージェントの人間に会い、チャンスを待つこと。


⑤「絶対にプロのなるのだ。」
という強い意志を持つこと。


新卒というブランドを失うことを怖いと思ったり、
経済的な心配があるのは当然です。
そういう不安と、なりたいというとのせめぎ合いですね。

本当になりたいのか。
消去法で通訳・翻訳を選んでいないか。
自分は今、実力的にどの地点にいるのか。

自問自答することは多いはずです。
そんなとき、相談にのってくれる通訳者・翻訳者や、エージェントが
周りにいたら、何かのきっかけが得られるかもしれませんね。

(※そんな時は、是非ITSAを利用して下さい!そのためのITSAなのです。)

でも、まずはとにかく行動を起こすことです。
動き出さないと、何も始りません。
前に進むのです。

未来は自分で切り開かないと。
20代は、そういうことを覚える年代だと思うんですよね。
私も、そうですが。。。。はい、毎日戦ってます!

「プロの会議通訳者・翻訳者になるには、
どうしたらいいですか?」


という質問の答えは、
結局皆さん自身が自分で出すものなのかもしれません。


ITSA事務局
マネージャ

PS.ご意見/ご感想/さらなるご質問は、↓のコメントにて!
多くのコメント、お待ちしております!

スポンサーサイト
テーマ:通訳者翻訳者
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。