上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このシンポジウム、題名が「大学からプロの通訳者・翻訳者になる方法」となってるので、

じゃ、大学生じゃなきゃダメなの!?

というお問い合わせを結構頂いています。

そんなことはありません!

社会人の方も、大歓迎です!

いつかコメントでも頂きましたが、
題名についている「大学から・・・」ってどういう意味よ、
というご質問に関しては、以下のようなお答えになります。

ちょっと、固いっすよ。理論展開、行きまーす!

シンポジウムの題名の「大学から・・・」というのは、

「大学在学中から」という意味と、

「大学を卒業してすぐに」という意味の他に、

「大学での勉強を活かして」という、

3つの意味を含んでいます。

大学在学中の学生の時からすでに通訳・翻訳の仕事をし始めて、現在プロとして活躍している方はたくしんいらっしゃいます。その方々の経験談って、すごく聞いてみたくないですか? どのように学生時代を過ごしたのか、仕事ってどんなものをどうやってゲットしたのか、勉強はどのくらいしたのか、などなど。大学(在学中)からプロになる方法はどんなものなのか、皆さんにお伝えしたいと思っています。

大学を卒業してすぐに仕事をし始めてプロになった方もいらっしゃいます。就職活動をしながら将来を考えるとき、自分の夢と実力、生活の安定、まわりの状況からのプレッシャー、など、考えることが多いと思います。通訳者・翻訳者になるという目標をどのように捕らえ、何を拠りどころとしたのか、勇気はどこから出てきたのか。大学という場所からプロになる方法はどんなものなのか、実際のところを皆さんにお伝えしたいと思っています。

大学を出て会社員になって、でも、大学時代の勉強や経験を活かして、通訳者・翻訳者になる勉強を続けていらっしゃる方も大勢いらっしゃいます。会社員として世の中で働くことは、将来通訳・翻訳をする上で凄く役立つことですし、大変いいことだと思います。仕事と勉強の両立、判断の時期、経済的自立、背水の陣の敷きかた、などなど、大学時代に培った志を実現する方法を皆さんにお伝えしたいと思っています。

「大学から・・・」という題名は以上のような意味を3つとも含んでいるんです。
※これを通訳翻訳するのは、大変難しいですね!

だから社会人の方も是非来て下さい!

大学在学中の方も、

就職を考えている方も、

大学を卒業して、現在社会人で頑張っている方も、

みーんな!

このシンポジウムに参加して頂きたい!

きっと何かのヒントを見つけて頂けると

思いますよ!


マネージャ


スポンサーサイト
テーマ:通訳者翻訳者
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。