上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
以前、帰国子女の学生さんに会う機会がありました。

お会いしたのは、彼が大学2年生の春の頃。
同時通訳の仕事で行ったイベント会場の外国人受付スタッフ、やってました。

通訳の会社の方ですよね。

休憩中のスタッフルームで話しかけられ、話をしました。

聡明な顔つきの理系の学生。
よく笑いよく喋る。
陽がさんさんと降り注ぐ明るい未来に向かって
夢をたくさん抱えて毎日を楽しく生きている。

可能性は無限なのだ。

そんな風に感じさせてくれる学生さんでした。

でも、
なんとなく、どこか人を確かめながら話をするような、
自分があっているのかどうか、常に模索をしているような、
そんな目の奥の戸惑いも気になりました。

僕、帰国子女なんです。

ローテーションの休憩で、他のスタッフが現場に戻って行った後、
突然、告白が始まりました。

小学校高学年から高校まで、アメリカに家族で住んでいた。
大学に進学をする時、
アメリカの大学に行くか、
日本の大学にいくか、
悩んだけど最後は自分で日本に決めた。
家族はアメリカに残り、一人で日本に逆留学。
でも、それが良かったのか、今は分からない。

やりにくいんです。
というか、よく分からない。
自分は違ってしまった。
自分には自然なことが、日本ではいけないことになる。
習慣の違い。
考え方の違い。
友達とも心底から付き合えないような気がする。
自分はなんなのか、わからなくなる。
今の大学も、単に帰国子女枠だったわけで。
アメリカでも結構有名だったし、親も知ってたし、じゃあいいやって。
別にやりたい勉強でもないんですよね。

たぶん、帰国子女の人達はこういうことに少なからず戸惑うのだろう。
自分の中に意図せず育ってしまった二つの文化。
周りと違う自分。
アメリカでも日本でも。

通訳の勉強、してみる?

状況には必ず二つの側面がある。
メリットとデメリット。
苦しい今の状況は、実は通訳業翻訳業にとっては、メリットになるのだ。

えっ、本当ですか!?
前から興味があるんです。
自分には、そういうことがいいのかなと。
そういうことが、自分の経歴を活かすことになるのかなと。
でも、どうやったらいいか分からなかったんです。
通訳学校とかお金かかるし、たぶんレベル全然高いし。
僕、単語数、少ないんですよね。
それに、日本語は超難しい。
どこか、ありますか?お金のかからない、今の自分の実力にあった学校?

そんなところは、ないでしょ。
学校行くには、どっちにしても金がかかる。
でも、金かけないと通訳の勉強ができないかっていうと、そうじゃないと思うよ。
一人きりじゃ厳しいけどね。
あとは自分で考えな。
自分の運命、自分で切り開かないと。

何かを勘違いされるのも嫌だったので
ちょっと冷たく突き放しました。

で、その後、
彼は探したらしい。
通訳の勉強ができる方法。
自分で考え、一人で動いた。
まずは大学の英語の先生に突撃して、
その先生がダメだと別の先生を紹介してもらってお願いして、
またダメだとまた紹介をお願いして。
その繰り返しを何回も。
で、とうとう通訳の先生を見つけた。
授業形式じゃないけれど、
その先生に通訳の勉強についてのアドバイスをもらい、
時々チェックしてもらったり、ポイントを教えてもらったりしているらしい。
その他にも英語を使えるようなアルバイトを探して、その仕事を通して学んだり、
シャドーイングを日課にしたり。
一人で考え、動き始めたんですね。

偉い!

もともと分かっていたけど、
さらに追い討ちをかけて自分の語学力の無さを痛感する日々。
先生にも多少のお礼をしなくてはと、バイト料をやりくりしてる。
結構大変だけど、

でも、何かがしっくりいって、

通訳の勉強が結構気に入っているようです。

彼が将来通訳者になるかどうかはまったくの未知数。
でも、こうして始め、続けている通訳の勉強は、必ず彼の将来に役にたつはず。
語学力だけではなく、その他たくさんのことが、彼の血となり肉となる。

この前も少しだけお会いする機会がありました。
イベント会場の同時通訳レシーバ回収スタッフ。
英語を使うバイトではなかったけど、
本人的には、同時通訳の現場が見れると、はりきってました。
それにしても、相変わらずよく笑いよく喋る。
少しうるさいくらい。

静かにしろ!本場中だ。

たまらず注意をする。

あっ、すいません!!

その声がでかいんだよ、お前は!

でも、目の奥の戸惑いは無くなったような。
自分でいいんだと、そう感じているような。

やっぱり可能性は無限なのだ。

そんな風に感じさせてくれる学生さんでした。


マネージャ

スポンサーサイト
テーマ:通訳者翻訳者
ジャンル:学校・教育
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。